髷の変化と月代(さかやき)についての考察【2012-01-11】


まず、髷の変化について考えてみたい。
これは割と単純な変化であると考えられる。

髪長い→うっとおしい→後ろで縛る

ね。
で、立てちゃおうかな、いやいやこう縛ってタラッと前にやっちゃおうかな、
なんてね。
図の上の3つは容易に想像できるのである。

ここからが本題。※図の下

なんで剃った?
なんでそこ剃っちゃった?

不可解である。同じ民族でありながら理解に苦しむ。
月代(さかやき)と言うらしいが。

私のうすっぺらい知識では、安土桃山時代近辺に流行り始めたようだ。
知らないけどね。

コノモンダイムズカシイネ。デモガンバルネ。

おそらく。おそらくだ。
その時代に庶民から流行るはずはないから、偉い人が始めたんでしょうよ。
間違いない。

その人、額狭かったでしょ?
すっごい狭くてコンプレックス持ってたでしょ?
額広い方が武人っぽいって、思ってたんじゃない?

ある日さ、髭剃ってた時さ、剃ったでしょ?剃っちゃったんでしょ?
「どーじゃこれで誰より額が広いわっ!」て。

それから家臣が集まった広間でお披露目しましたよ。
そりゃザワつきますよ。だってあんなに剃っちゃって。うわー。
でも殿がやってんだもん笑えないしえ?やるの?やったほうがいいの?
みんなやったほうがいいの?ザワザワザワザワ。

ていう。

ね。

過去のブログ記事の発掘と保管作業 “ftabuta-again”

【保管時のコメント】
南無三!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告