実写シーンの撮影【自主制作ムービーの4】

ムービー撮影方法
こんにちは。ハタと今思ったんですが、私。
世の中の人たちの趣向から離れていってないかい?まっすぐ逆向いて突っ走ってないかい?

ハタと思いましたけどね。


さてさてさて。
実写シーンはおおよそ上の絵のように撮影しました。一人でやってます。

撮影は意外と時間かからなかった気がします。絵コンテを見ながら、同じ背景のシーンを一緒に撮って。ハイ次はココとココねーつって。3日か4日か5日か。

気を付けた点は、ライトの位置とホワイトバランス。

ライトの位置はテープで印を付けまして、いつも同じ位置と角度になるようにしました。
カメラの設定も常に同じ設定で。ホワイトバランスは普段はオートにしてますけど、今回は撮影するたびに色が変わってしまったらまずいので、1回セットして固定しました。

カメラの設定などを書いたメモ

カメラの設定などを書いたメモ



メモにありますが、動画設定は【1280×720 24fps/高画質】で撮りました。これは、深い意味は無いですが…データ量がどのくらいになるのか分からなかったので、そこそこの画質で重くならず…という感じ、だと思います!


P_20151025_115512
この写真はスターさんのライブシーンの撮影中ですな。この時は楽しかった。プフフフ言いながら撮ってました。iPodで曲を聴きながら合わせる感じで動かしまして。

あの曲はたぶん15年くらい前に宅録したやつです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

使用したカメラとレンズ

ニコンDXフォーマットデジタル一眼レフカメラ「D5100」のご紹介。ニコンコンパクトデジタルカメラCOOLPIXやニッコールレンズなどカメラ関連情報も。
カメラはD5100です。このムービー制作のためにしょうがないから購入。中古で2万弱だった気がします。安。カメラのキタ◯ラの中古サイトでチェックを繰り返すこと2週間くらい。だいたい、同機種で同じような状態のブツの価格帯が分かってきます。付属品が揃っているからカメラの状態もいいのか。どうなのか。否待て。逆に最低限の付属品しか無い、という場合、愛好家のサブ機として活躍した可能性もある。ならばカメラの扱いは玄人だから安心。とかね。考えだすとキリがない。もうどうでもよくなるまで考えてから買いました。買った当初、なんか苦い臭いがしたけど、今は消えたし、まだ壊れてません。

あそうだ。このD5100は、動画の撮影時、手動で明るさの調整ができません。オートしか無い。ふとした拍子にパッと明るさを勝手に(オートで)調整する(されちゃう)ことがあって、気になると言えば気になりました。ま、上位機種を買えない人はスパッとあきらめよう。

レンズは


これです。もう中古しか無いみたい。このレンズはD5100だとオートフォーカスしてくれません。今回のムービーには関係ないけど。やや暗めの店内で撮影するときは手持ちのレンズではこれが一番キレイです。重いしピント合わせるの大変ですが。


そういや最近買ったこれ↓


は、店内の撮影はいまいちですね。濁った感じします。はじめはイイと思ったんだけどな。そもそもちゃんと光が当たっていない物をクッキリ撮影できるわけないのかもしれん。とも思う。それが写真てやつなんじゃないのかと。しかし高いのは違うかもしれん。

高級カメラと高級レンズをぜひ使用してみたいです。どうぞよろしくお願いいたします。