夕暮写太郎 – After The Gold Rush (Neil Young Cover)

2020年4月16日の録音と録画です。

まさか自分でこの曲をやってみようと思うとは、思わなかった。
思うとは、思わなかった。

あともう一曲カバーしたら英語の曲をやるのはやめようと、よく分からない決心をしました。

今日、ブログに書こうと歌詞についてあらためて調べたら、そんな意味が!?となった。
環境保護とか反戦とか活動が盛んだった時代かな、となんとなしの憶測。しかし現在2020年も、本気でやばい事態になっていて、…なんとも言えぬ。

原曲はDからはじまりますが、Cで作ってみました。で、だんだん辛くなってきて1音下げてチューニングして録音しました。コードは完全な形じゃないので違う音が入っていたりします。
はじめのフレーズ、ひと息で歌わなきゃなので大変。途中ポットがお湯を沸かす音がいい感じに入ってます(笑)。勢いでスマホで録音です。カバーと呼ぶのもおこがましいが。

歌詞と和訳とコードを書いたので貼っておきます(PDF)↓

20_after the goldrush


和訳はこちらの2つの記事を勝手に借り、なおかつ勝手に合わせてみました。すみません、そして大変参考になりました。ありがとうございましたm(_ _)m

Well I dreamed僕が夢を見ているとI saw the knights in armor comin'甲冑の騎士がやってきてSayin' something about a queen女王様について何かを言った There were peasants singin'そこでは農夫らが歌っていてand drumm...


かつてアフター・ザ・ゴールドラッシュについて書いたあまり参考にならない記事↓

かつて私の頭の中で、「さえないおっさん」であったニールヤング氏。 それが、映画デッドマンのサントラを聴いて以来、 私の曇ったマナ...
スポンサーリンク
レクタングル(大)広告