アニメ「銀牙伝説ウィード」を鑑賞する【2013-10-24】

銀牙伝説WEED DVD-BOX

暇さえあれば海外ドラマばかり見ていた季節も過ぎ去り、暇さえあればアニメばかり見ている、そんな季節。皆様いかがお過ごしでしょうか。

先日、「銀牙伝説ウィード」を無事見終えましたが、少し、考えさせられましたな。これはネタバレというやつか。違うか。

ウィードは最後まで理想を貫いたのです。銀が、あの奥羽の総大将の銀さんですら、「こいつはアレだから殺すべきだ」と言うのに、ウィードは引かない。「殺しはよくない」という理想を貫く。

戦略的に、現実的に考えて、ここで殺さないと後で困った事になる。そんな時でも理想を貫くウィード。

私達は画面の前で首を傾げる。

「いやいやそこは殺しとこうよまずいでしょあーだからほら」とか言う。

「ま、ま、アニメだからね、しかし殺っとくべきでしょ結局死んでっし」とか言う。

しかし待て。一歩も二歩も三歩も引いて考えてみる。

ひょっとして。

汚れっちまった?

心 汚れっちまった?

過去のブログ記事の発掘と保管作業 “ftabuta-again”

【保管時のコメント】
超オススメのハードボイルド系犬アニメです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする