刺(とげ)論【2013-10-25】

刺

木工をやっていると、よく刺がささります。
因みに「とげ」は「刺」と書くのですね。あぁ、刺さらなければ刺(とげ)ではないのか。刺さった瞬間、ソレがトゲとなる。なにやら深い。刺が刺さる、となるが、もしや刺が刺さるとは言わないのか?ん?ま、トゲ、としますか。

で、あの、爪と指の肉の間とかに狙ったように刺さったりしますね。アイタタタ。
主に合板のササクレなどが多いですが。
ほんの、ほんの小さなトゲなんですが、これが気になるのです。とても気になる。
自慢じゃありませんが、私はトゲが刺さったら抜くまで作業に戻りません。

そんな時、思うのです。人はなんてトゲに弱いのだ、と。
お前が弱いだけだ、と、言われても困るが。

そうです。

人はトゲに弱い。トゲに弱いのです!

サ・ラ・バ

過去のブログ記事の発掘と保管作業 “ftabuta-again”

【保管時のコメント】
ちなみに画像の本は読んだことがありません。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする