白と黒【2010-09-26】


その昔、我が生家ではうさぎを飼っていたんでした。

黒と、白だった。名前が。黒いのと白黒のと。
黒を一度踏んでしまったことがあって、嫌われたのでした。
コロコロとコロコロしたうんちをするんだったね。

そして、子供がたくさん生まれたんだった。何回も。
そして、そのたびに近所の猫に何匹も殺されたのでした。
それはそれは悲しかったと思うのだけど、
死んでしまった子うさぎの様子が頭をヒュッとかすめるばかりで、
そのときの感情は思いだせないなぁ。
それから父と裏山に埋めに行ったり。

赤いトタン屋根の平屋で。
家具調のテレビがあって。
レコードが入った小さい木の箱。扉の閉まりが悪くて。
その中の匂いとか。あれはレコードの匂いか。
座卓をひっくり返して冒険ごっこをしたり。
もらったばかりのユニフォームを着て写真を撮ったり。

そんなことを、思い出しました。

過去のブログ記事の発掘と保管作業 “ftabuta-again”

【保管時のコメント】
これを読むまで忘れていました。思い出せないだけで記憶は全部残ってるって、誰か言ってたけど、それはそれで恐いわ。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする