「適当」について思い出す【2012-01-12】

どうでもいいことばかり書いてたら、突然ひどく真面目なことが書きたくなりました。
真面目なことが書きたい。例えば何だろう。
ここ数年、「どうでもいいけどね」っていうのが、口癖のようになっていますが。
あらためて真面目に考えてみると、世の中「どうでもいいこと」ばかりじゃないだろうか。
もしかするとね。

口癖 で思い出す。
家具製作をはじめたばかりの頃、先輩によく言われていた言葉。

「テキトーにな」

テキトーに?言われてまぁ、はいそうしますへへへってな具合でしたが、
仕事を憶えるにつれて、その意味が分かってきたのです。
普段使う「適当」って「おおざっぱ」みたいな(字と反対の)意味合いで使いますよね。
考えてみるとすごく不思議なんですが。「いい加減」もそう。
世代によって使われ方が違ったりするんでしょうかね、わかりませんが。
で、
その先輩が言う「テキトー」は、「適当」という字そのままの意味だったんですね。

つまり、その仕事に必要な力を必要なだけ注げ、ということです。

細かいことにこだわりすぎず、それでいて力を抜くわけでもない。
まさに、極意をホイホイ言ってくれていたわけです。なんてこった!

そういや「こだわる」という言葉は、本来いい意味で使われる言葉ではないと
誰かが言っておりましたが、たしかにそうですね。
細かいことにこだわる、ってダメな感じだ。
細部に注意を払う、ぐらいがスマートかもしれません。

ただ、
そんなことを考えはじめると、巷に溢れる「こだわり」「こだわりの◯◯」
が気になって気になってしょうがない、てなことになるのでご注意ください。

過去のブログ記事の発掘と保管作業 “ftabuta-again”

【保管時のコメント】
適当にやりますかねー

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする