敵に塩を送って傷に擦り込む【2012-12-03】


「敵に塩を送る」

て、「困っている敵を助ける」というような意味合いなんですよね。なんとなく、敵と塩、連想するに、傷、痛い、塩痛い、擦り込まないでっ。という具合に頭が廻り道をして、パパっと瞬間的に本来の意味を引っ張り出すことができない。まぁ、できなくてもいいんですが。そもそも私の人生上で使うことがあるだろうか。イヤイヤイヤ。そんなことを考えていたら是非とも使いたくなってしまうな。

えーと。

現代人にとって、塩がとっても重要なものだ、という連想が難しいってことが言いたい。塩はとっても重要なものなんだけれど、普段塩が無くて困ることがないからだ。

ところがさっきチップスター食ってたら思ったさ。

「ああこの塩」

「塩うまい」

「塩って大事」

ああなるほどね。こうゆう意味合いの「塩」を、送ったのだなぁ、上杉謙信は。

と、随分しみじみと思ったのです。

随分しみじみ思ったなー。

過去のブログ記事の発掘と保管作業 “ftabuta-again”

【保管時のコメント】
イラストがいいですね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする