「吾輩は猫である」が読み終わらない【2013-06-21】

吾輩は猫である (新潮文庫)

半分程読み終えた辺りから、猫がくどい、と思いはじめました。
猫というのは、吾輩は猫、て言ってるその猫です。名前はまだ無い。

ご存知だと思いますが、この本の中ではその猫が語り手なんです。
私ははじめて読んでおります。

猫がね、語るんですが、おもしろいんです。ユーモアとか皮肉とか無駄に詳しい欧米の知識だとか、そんなものが文章にちりばめられておりまして。

しかしね、若干くどい。猫が饒舌すぎて話が進まない。
寝る前に読んでいるんですが、約2ページで大した進展もなくパタリと寝てしまう。
次の日には半ページほど戻って、それから2ページでダウン。

ゆったりゆったり饒舌な猫の語りを味わいたい人にお勧めです。

過去のブログ記事の発掘と保管作業 “ftabuta-again”

【保管時のコメント】
この文庫本の表紙が最高ですね。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする