Y沢E吉さん【2013-02-09】



E吉さんが僕に背中を向けて歩いていく。このままじゃ、ダメだ。

僕は拳を握った。

「あーいがっ、すべーてさあぁ、いまーこそっ、ちかーうよっつ」

思いがけないほど大きな声が出ていた。そうだ、力の限り。歌え!

「あーいがっ、すべーてさあぁ、いまーこそっ、ちかーうよっつ」


100Mほど先を歩くE吉さんが、立ち止まった。静寂。そして答歌。

静かに、けれど力強く、E吉さんの声が空気を震わせ始めた。その振動はメロディを纏って伸々とこの街を飛び周る。

この曲は…。桑田佳祐氏の◯◯◯!

僕は声に向かって走りだした。走れ!E吉さんにこの想いを伝えるために!

目の前のワイヤーを掴んだ。このまま、勢いをつけて走れば…。

飛んだ


でも届かない。振り子のように体を振られて戻された。いや、この力を使うんだ。

そのまま宙を飛んで僕は助走を付けた。

行け!


届いた! 電信柱の先端付近になんとかしがみついた。かなり高い…。


「五千メートルか?」

E吉さんの声が足元から聞こえた。

「いや、ちょっと足りないっす」


ていう夢を見たんですけど病気でしょうか。

過去のブログ記事の発掘と保管作業 “ftabuta-again”

【保管時のコメント】
ちょっとさびしいので最近撮った関係無い写真のっけときました

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする