つながる【2013-03-29】

ごくたまに、数年に一回か。

私の人生、間違ってない。全てつながってた。あれもこれも必然。
そして今がある。正しかった。正しい選択をしてきたのだ。ありがとう。

なんて思える日があります。ちなみに今日は違います。

冷静に考えると正しいも何もねえし。人生に意味なんて、後付けじゃないすか?
そもそも人間ってただの動物だし。とかね。とかねとかねとか思っちゃうんすけどね。

ま、それはともかく。そんな風に思える日ってのは、とても気分がいいのです。

この前の日曜日、ホワイトカラーのシーズン3が50円で借りれるってんで、一気に5本借りてきましてね、およそ8時間くらい連続でDVD見てました、ってのは言いましたっけ?なんか頭がガンガンするけど大丈夫だろうか、って話はしましたっけ?

ま、それはともかく。そのDVDにおまけで入ってた「TOUCH / タッチ」ってドラマがありまして。

そのドラマ、人生というか、世界というか、そういうのは全部見えない糸でつながってて、それでまぁその、見えない糸を見る事ができる少年がいまして、さぁこれからどうなるんでしょ、っていう。そんな感じのお話なんですが、その第一話を見た後にね、なぜか前述の「気分のいい日」と似たような心持ちになれたんですね。なぜかな。

「全てつながってる、と感じると、いい気分になる。」

平たく言うと、こういうことですね。安心するのかな。
平たく言うべきじゃなかったかな。

何が言いたいのか分からなくなってしまいました。左様なら。

過去のブログ記事の発掘と保管作業 “ftabuta-again”

【保管時のコメント】

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする