Musemage【アプリ】でタイムラプス撮影してみたよ


こんにちは。タイムラプス撮影というやつでkuhcoのデモ動画をつくってみました。タイムプラスかと思ってた。タイムラプスです。

使ったのはMusemageという動画撮影アプリ。無料なの。すごい。

「Musemage」のレビューをチェック、カスタマー評価を比較、スクリーンショットと詳細情報を確認することができます。「Musemage」をダウンロードしてiPhone、iPad、iPod touchでお楽しみください。

タイムラプスについてはこちら↓がわかりやすそうです。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告

撮影セットはこんな感じ


三脚、ipadホルダー、ipad。バッテリー切れがないように電源を繋げっぱなしにしました。



朝セットして、夕方帰宅後。約9時間で9分間分撮影した感じです。
※上の動画では撮影後の動画を更に倍速にしてます(imovieで)。

タイムラプスの設定


右側の輪でタイムラプスを選択して、左側で設定を決める。今回は×60を選択。ビデオカメラのボタンで撮影開始。



撮影中。


×60は、1分間撮影すると1秒間分の動画になる、てことみたいです。左のカウンターが1分経過すると右のカウンターが1秒カウントします。



撮影後は画面右下の画像っぽい□を押すと撮影した動画を確認できます。

その他の設定


右上のボタン(ペン?)を押すとしゃらーっとエフェクトの輪が出てきます。



出てきました。



今回は右側の輪でLOMOのL05を選択。左側の輪は無効果にしました。



グリッドは左の(+)ボタンから出せます。

ピントは合わせたい場所を長押しすると[+]ロックがかかります。右側の太陽マークを上下すると明るさを調整&固定できます。タイムラプス撮影の場合、どちらもロックしないとたぶんよい感じにならないので。

以上です!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする