「部屋の天気」というタイトルの企画展をやります

dsc_0584
画家の今井ちひろさんを迎えて11月4日からまたまた展示をやります。
まだ詳しくどうなるのか分かりませんが、あ、今回DMつくるのちょっと苦労(というか勉強不足なだけ)したのでそれを書きたいです。

まず、デザインは自己流ですが毎回楽しくやらせていただいてます。ヨツモトさんのときはヨツモトさんデザイナーなのでお任せしましたが。ヨツモトさん、あここまでヨツモトが3回、いや4回も並んでしまった。レイアウトのプロですからね。レイアウトのプロってピンと来ないと思いますが、伝えたいことを分かりやすく伝えるという、当たり前のことを整然とやる、という、プロ根性かっこいいぜ。

さて。

絵の上に文字を並べるのって、僕はけっこう昔からやってます。あの、好きなんですね。けっこう好き。デモテープつくってた時とかも、自分で絵を描いて、とかやってましたが。今回今井さんの絵ですが、え!?ちょーむずかしいんですけど…

ま、ま、色々やっていたら上のようになりました。よかったよかった。
部屋の天気 という、言葉も効いてます。天気という言葉が、ま、とにかく効いてると思いますよ。うまく説明できませんが。

今井さんの絵は、ほんと不思議で、見れば見るほどいい。このDMの絵はどっちかと言うとかっこいい。混沌としてるようですごくバランスがいい。配色も形も。これは、当たり前のこと言ってるのかな、バランスがよくなきゃ絵にならないのかも。しれませんね。

さてここからが問題。
もらったデータはRGBなんですが、入稿するのはCMYKなんですね。印刷はCMYKときまっているらしい。

で、入稿して、校正確認というのをします。これでいいですか?というやつです。

はい確認しました。
え!全然色が違うんですけど!

びびりました。で、補正をして再入稿。
え!全然違うんですけど!

暗い。とにかく黄色が暗い。ネットを見てみたらやっぱりそうなんですってね。鮮やかなRGBからCMYKに変換すると全体ちょっとトーンが落ちるけど、一番落ちるのが黄色。そうだったんか。そういえば菅野さんの絵も黄色だった。あれもちょっと明るく補正して再入稿したんだった。

で、フォトショップでCMYKに変換して補正して、イラレで(イラレでつくってる)配置しなおして、というのを繰り返した。
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88%ef%bc%882016-10-01-15-45

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88%ef%bc%882016-10-01-16-47-20%ef%bc%89

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88%ef%bc%882016-10-01-16-12-16%ef%bc%89

結局、黄色はどうにもなりませんでした。RGBの色にはならない(シアンの量を少し減らすってのもやってみたけど上手く行かなかった)。

ただ、暗く濁った感じを避けたくて、濁ってはいるけど、とにかく印象は明るく、絵の表情なんかが飛ばないギリギリまで明るく、という感じで、最後はもうよくわからなくなったけどもとにかく善処いたしました。


一番上の写真見てもらうと分かりますが、写真も撮る度に色が違う。ホワイトバランスもあるけど、光の当たり方で大分変わりますね。で、僕は撮りながら思いました。

ああ、またRGBに帰るのだな

と。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする