ベルセルク狂四郎【2009-09-12】


ウザイ四段活用(本文と関係無し)

ここ最近、とあるルートから毎日2冊ずつのベルセルクが私のもとに届けられる。
私はそれを憑かれたように読む。歯磨きして寝る体勢になってから読む。
はー忙しい、とまんざらではない感じで読むのです。

読み終わったらどうしよ。まだ完結してないらしいが。
胸がカラッポになっちまうんでないか。
生活習慣病なんじゃないか。

あ、ちなみに少し前の話ですが、プラモ狂四郎の4巻を奇跡的に入手しまして、
ブックオフで。その世界感を存分に味わい、懐かしみ、噛み砕き、
1冊読めば充分だなこれはと思い、プラモ狂四郎熱は冷めました。
ジオラマと云う言葉にはまだドキドキします。

過去のブログ記事の発掘と保管作業 “ftabuta-again”