川越霞ヶ関の魅力に迫る2


こんにちは。また写真を撮ってきました。この看板見てるとお腹へる。


んんー
関係ないですけど、よく見かける欅の大木を見て「これはすごい天板になりそうだ」と思う度に「しかし不謹慎な気がする」と思い直す。ことを思い出しました。


かどやさん。おにぎりを買ってこの先の池の公園で食べたことある。


あ!


や〜
この近くにときどき柴犬がショーウィンドウにいるブティックがあるんですけど、通る度にいるかチェックするんですけど、いたらいたで「おっ!」て言うだけなんです。


このシール


ここの歯科の院長先生、とにかくなんかスゴイんで、1回行ってみたらいいと思います。お世話になりましたー


見にくいけど奥の豆腐屋さんが最近気になる。


そばかー、そばも食いたくなってきた。カブも乗りたくなってきた。これはカブじゃないか?


素敵な看板をありがとう


商店街の裏、かなりいいです。しかしうろうろしてるとかなり不審です。


先日「消しゴム」をおそらく10年振りくらいに買おうとホームセンターで選んでいたんですが、「消し感ゼロ」とか「クズがまとまる」だとか「軽いタッチでどうの」だとか色々謳い文句が書いてありましてね、それを一々読んでは「ホーそうなのか!」「へーすごい」とかリアクションしてました。そんなとき、説明って大事だよなー、と思う。突然ですが「説明は大事だと改めて思った」というお話でした。ごきげんようー

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする