博士の愛した数式 とマークスの山を読む【2012-07-12】

博士の愛した数式 (新潮文庫)

いいお話でした。個人的には野球場の描写がとてもよかった。そう、野球場は美しい。
そして映画を観たらゲンナリするでしょうね。だから観ません。

マークスの山(上) (講談社文庫)

なんか、よかった。どこがよかったのか、言葉にできません。
詳しくありませんが本格ミステリと言われる本などで、細部の描写が薄っぺらく、なんだかな、と感じる事がありますが、この本は違いますね。ミステリじゃねえじゃん、という意見も我が家であがっておりますが、ミステリじゃなくていいじゃん、というのが私の意見です。

まーでもミステリは楽しいですよね。

過去のブログ記事の発掘と保管作業 “ftabuta-again”

【保管時のコメント】
我ながら短い感想だな。

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする