ニヒリズムについて勝手に考える

CCI20160816
ぼくは哲学とか全然知らないですけど、考え方はこの、ニヒリズムに近いです。

ニヒリズム

ニヒリズムあるいは虚無主義(きょむしゅぎ、英: Nihilism、独: Nihilismus)とは、この世界、特に過去および現在における人間の存在には意義、目的、理解できるような真理、本質的な価値などがないと主張する哲学的な立場である。名称はラテン語の Nihil (無)に由来する。[Wikipediaより]

20代前半のことだったか、ある日突然思い至って、それは今でもあまり変わらない。
それまでは何事にも「意味」を追い求めていた気がします。「そこに意味はあるのか?」と。

で、その「ある日」に、

「ああ!人なんて草と一緒じゃないか!ただ生きているだけだ!」と思った。

「生まれて、生きて、死ぬだけだ。」と。

意味の有る無しなんて、ヒトの社会という「くくり」の中でだけのこと。言ってみればヒトの妄想みたいなものだ。と思った。そう思ったらとても気が楽になったことを覚えています。


ついでにちょっと気になったので「ニヒル」について調べてみました。

【ニヒル】 《名・ダナ》虚無的。虚無主義的。

と出る。

虚無とは…

【虚無】 何も存せず、むなしいこと。

ここで引っかかる。ぼくは特にむなしいとは思っていない(ぼくがニヒルな男だと仮定すると)。上にも書いたように、むしろ「気が楽になった」くらいで。

うーん?

哲学を知らないし、本も読みたくないので、勝手な解釈ですが、
上のWikipediaからの引用が正しければ、そこに虚しさは感じないが。

「人生」という枠の中でだけなら、意義や価値が無いのは虚しいかもしれないが、「人生」を「壮大な後付け」と考えれば、意義や価値が無いのは当たり前だし、虚しくもない。

生きて、生きて、死ぬだけだ。サラバ!

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする