Amazonプライムビデオで出会った愛すべきドラマ達【独断】

ドラマ視聴中のターナーさんに話しかけないでね


こんにちは。新型コロナウィルスによって世界が大変なことになってきましてね、えー、困ったなと。困った困った困ったなと。さて。

さて!

独断と偏見によるプライムビデオで視聴可能(現在2020年)な愛すべきドラマをご紹介いたします!ほぼアメドラです!

愛すべき

BOSCH/ボッシュ

まず思いつくのがBOSCH/ボッシュです。最高です。最高だよこれは。キャラがいいんです。ぼくが好きなのはボッシュの相方ジェリー。彼は後で書きますがWIREてドラマで冷酷な若手ギャング役で出てましてね、それがボッシュでは見事に味わい深い刑事を演じてる。かっこいい。あとムーアとジョンソンてベテラン刑事がいましてね、この二人が最高なんです。最高しか言ってねえな。あ、あとアーヴィングて市警の偉い人、この人はFRINGEに同じような役で出てまして、先にFRINGE見てたんで馴染みがあるといいますか。我が家ではギバちゃんと呼んでいます(演技がほぼ一緒)。いつか二人の共演が見たい。

FRINGE/フリンジ

ボッシュの説明でキャラがいい、しか言ってないのが心配になってきた。ここでお薦めするドラマは、映像やお話のクオリティーが高いのが大前提となります。どうぞよろしくお願い致します!

とな

さて、フリンジですが、SFです。ちょっとな、大分前に見たのでよく思い出せないな、一話完結だったと思う。ぼくは好きになってしまうとあまり話を気にせず見るタイプでして、このフリンジも、キャラがね(笑)よくてね。セプテンバーでしたか、あとはあの助手のアフリカ系のかわいい女の子とか。オリビアはシーズン追うごとにえー、普通に年齢を重ねていきますが、ラストシーズンから戻って初めて見ると若!てなります。顔ちっちゃい!

ちょっとこの記事の方向性が見えてきました。あり得ないほど雑なレビュー。

ゴーティマー・ギボン ~ふしぎな日常~

ここまで来てなんですが、ぼくが見てるのはほぼ字幕版です。字幕版のいいところは音がちっちゃくても話が分かるところ。あともちろんオリジナルの音声が聴けるところ。悪いところは目が疲れること。字幕を追うために映像をちゃんと見れていない可能性があること。以上です!

さて、このゴーティマーギボンですが、子供向けと思いきや大人でも充分に楽しめます。そういえばここまでの3つは全部2周以上見てます!すごいでしょ(暇なのか!)!

どこがよかったんだっけな〜、忘れちゃったな〜、やさしいんですよね、うん。でもやさしいだけじゃなくて、疲れない程度に考えさせられつつ、癒やし効果もあるような…。えー、もう1回見てから出直しますかね。

ハップとレナード~危険な2人~

このハップとレナードは、ちょっと人によっては取っ付きにくいかもしれません。なにせ主役の二人がダメダメ(風)なので。ただ見ていくと二人の魅力に引き込まれます。引き込まれるというか、なんだ、慣れ親しむというか、あ、愛すべき!となります。白人の方の人はハンサムですね、実は。演出と演技でああ見えるのはすごい。アフリカ系の人も、かっこいい。実はこの方、上にも書いた「WIRE」にいい役で出演してます。凄腕の殺し屋?のね、「長渕(と勝手に呼んでる)」オマーン?オマール?です。とても印象的な役だったので、え?あの人だよね?すごい強い人だよね?なぜか長渕剛を思い出す人だよね?となりました。

このドラマは原作があるようで、人気らしいですが、頷けます。さぞ面白かろうと。あと映像が、主に色、ですね。色がいいです。

ラウダーミルクの人生やり直し手伝います

ちょっとあらためて見るとこの邦題どうなのよ。てなった。このLOUDERMILKですが、主人公の名前です。ラウダーミルクさん。元依存症の人。コメディですね。ものすごい口が悪くてですね、でも憎めないような(人によるかな)ルームメイトのベン(この人も依存症)との会話が楽しくて、特に好きだったのが、ベンが電話に笑いながら出るんですが、それをラウダーミルクが指摘する場面。あとで入ってくる女の子とのやり取りもいいです。罵り合ってるんだけど、愛があるような、無いような。無いのかな、分かりませんが。

ちょっと残念なのが、途中「カッターとトム」の話がややしんどかった。でも愛すべき、だな。

フォーエバー ~人生の意味~

これもコメディです。実はコメディが好き。でもなかなか無いんですよね、殺人事件とかの話が大半なのはどうなのよと思う。この話は主人公の夫婦が死んでしまう。で死後の世界のような、住宅地で暮らすんです。この二人の会話が実に軽妙でセンスがよくてですね、あ、そこに暮らす若死にした彼とのやり取りも好きでした。話数が少ないけどスッキリまとまっていて、保存しておきたいドラマって感じ。また見たい。

スター・トレック:ピカード

ででん!ピカード、です。これはスタートレック(新)を見ていない人にはどうなんでしょう。おもしろいかな、おもしろいかもだけど、深みは半減くらいするかも。私はオリジナルスタートレックはあまり知りませんが新スタートレックは実家のケーブルテレビで引きこもって狂ったように見てましたから、大変愛着があります。なので、おう、ピカード艦長、とか、データ!とか、なります。

でも、スタートレックとちょっと雰囲気が違いますね、一話完結じゃないからかな。全体アンドロイドについてがテーマになっているので、かつての1話を1シーズンに渡って表現したような。それでいて構成がうまくて引き込まれるし、単純にとてもおもしろかったです。ちなみにピカードさん、年取ったけど、こっちの方がお顔が好きです。なんだかね。

おまけ

ここからは「愛すべき」枠外のご紹介したいドラマ。

ザ・ワイヤー(字幕版)

THE WIRE ですね。このドラマでHBOに一目置くようになりました。リアル感ていいますか、もちろんリアルかどうかは知るわけもないんですが、リアルさを感じさせるお話であり、登場人物であり、演出なんですね。この感じにハマるとハマります。既に紹介済みのBOSCHは、こちらのリアル感とエンタメ感のバランスが絶妙だと、私密かに思っております。

このWIREは、ワイヤーて何かというと盗聴のことなんです(盗聴するために電線/ワイヤー引くことから「盗聴」て意味なのかな?)。若いギャング達がドラックの取引をしてる、それを盗聴して捕まえる、というのが大雑把な内容。そこで、刑事は刑事でまぁごたごた色々あるし、ギャングはギャングで、人間ドラマっつーんですか?色々大変です。子供なんだからね、あの子達、ほんと。

で、この感じどこかで…と思っていたら昔ケーブルテレビで見てた「ホミサイド」てドラマと舞台が一緒かつクリエイターの一人が同じらしいんです(浅い知識)!まだ20代の頃かな。前述のリアル感がすごくてですね、衝撃を受けたドラマだったんです。というわけで、なんだか押したいドラマ。

この流れで↓のTRUE DETECTIVEも オススメ!

FARGO/ファーゴ (字幕版)

おまけ2はFARGOです!ファーゴがおまけって失礼な話ですが。映画版は映画館に見に行きました。たぶん専門学生の頃かな。自分の名前がケイゴなんで勝手に愛着があるファーゴ。内容はよく覚えていません!

こちらのドラマですが、脚本、映像、音楽、演出、構成、どれも素晴らしいです。ユーモアが最高。間が最高。なんだろうこのセンスの良さは。シーズン1が一番好きでした。2も3もおもしろいし、クオリティーも高い。ただ、1シーズンでお腹いっぱい、みたいなとこあるな、これな、うん。続けて見ることができるので、贅沢な話ですが、そんなことも、ありますね。

というわけで今回はこの辺で失礼いたします。よいアマプラライフを〜

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告