子供の頃に読んだ絵本(または児童書)の名前が分からない

CCI20160716
子供の頃に好きだった絵本は?と尋ねられてまず思い浮かんだのが上のメモのようなイメージ。いろめがね。めがねの色が3種類くらいある。それぞれの色に対応するお話。たぶん最後のお話でモノクロのような薄黄色のような世界に行く。行くのか、いつもの街なんだけど、めがね掛けたら違う世界に見える、ような感じか。

本の名前がどうしても気になりまして、検索したのだがそれらしいものが出てこない。
そもそも記憶があいまいだから、始末が悪いといいますか。

ただ、検索中に思わぬ発見をしました。小さいころ読んだ絵本。
わわーっと読んだときの気持ちを思い出しまして、しみじみしました。


はじめてのおつかい(こどものとも傑作集)
これこれ。
読みながら主人公の子とおんなじ気持ちになって、どきどきしてた。なんとも印象深い。
おつかいとか隣のうちに回覧板持っていくのとか、ほんとにイヤだったな〜

おしいれのぼうけん (絵本ぼくたちこどもだ 1)
そしてこれ。
こわくてこわくて、でも一緒にがんばって冒険を終えた、て感じをおぼえてます!
すごい!すごい憶えてる!読んだときの気持ち!

コメント

  1. 通りすがり より:

    突然コメントを残してしまいすみません。
    おそらく同じ絵本を探していてこちらのブログにたどり着きました。
    私も懐かしくなり、いろいろ調べていてやっとわかりました。
    「うそみーるめがね」という本でした。
    一年以上前の記事なので、もう知っていたらごめんなさい。

    • さわのけいご より:

      え!ありがとうございます!もはや自分の記憶を疑っていたところです。「うそみーるめがね」ですか!?…ピンとこないけど…検索したら出てきました!これです!!すごい(泣)!!!ありがとーございましたーヽ(^。^)ノ