澤野ケイゴスラヴィア – 稲をゆらす

2021年7月9日の録音。

昨日できて今朝録った。できたては危ういけど、この感じで歌えるのは今しかないと思って上げてしまった。

そんなこんなで、午前中が終わってしまった。せっかくお店を休みにしたのに。

コロナ禍のことを思いながら歌詞を書いた。みんなそれぞれ、がんばってるよな、色々あるけど、てな。今、コロナ禍のことを歌うのは、すごい自然なことだよね。前に作った「手紙」もそうだけど。みんなコロナ禍の歌作ってるのかな

この曲、歌詞を乗せる前から何かに似てるなーと思ってて、ビデオ全部出来てから分かった。54-71の曲に似てるの。ジャーン、ズー、ジャーン、が。まぁいいや、メロディは全然違うし。オマージュってことで。

そういや、ハンドドリップをはじめたんだった。豆は変えてないけど、マシンと微妙に変わる。ちょっと柔らかいような。違うかもしれないけど(自信なし)。温度でかなり変わる(これは確か)。温度を設定できる電気ケトルを買ったので、あれこれ変えたりしてさ。淹れ方はネットで見たやつを真似してる。何種類か試して、これかなと思ったやつで。温度をセットして、お湯の量と時間を計りながら入れるの。てな具合にネットがあれば簡単にコーヒークソ野郎になれちゃうわけっすね…

コーヒーの雑味とエグ味←同じ?はほとんど無くすことができるんだけど、やり過ぎると味気なくなるような。そんなことを考えてるとよく分からなくなってきます。何がうまいのか、とかね。

すごいおいしいと言われてる豆で淹れてみたいなー。誰かくれないかなー。誰か金くれないかなー。誰か土地くれないかなー。

というわけです。さようなら

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告
レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)広告